@毎日新聞世論調査

[世論調査] [雑多なデータ&分析]
*新データを追加した場合もこの記事は修正せずに新記事を建てるので、新記事があるかどうかの確認は世論調査に関する記事まとめを参照
・今回の特徴    1996~2020前半    各年代の内閣支持率/不支持率の年平均を各1枚のグラフ上に描写      全年代層を使用    支持率vsの対数グラフ ・毎日新聞の世論調査に関する一般的な注意は過去の世論調査関連記事、特に最初の2つの記事を参照のこと    世代による政党支持率の違い(1): 年代別 (1996~2019)(1)    年代別の政党支持率(1)    年平均値ではない各回のデータを使ったグラフも過去または将来の記事を参照  この記事は年代別の政党支持率(2)と同様のグラフになっているので、こちらも参照 ・タイトルに(2)の番号を付けているが、「年代別の内閣支持率(1)」の記事は存在しない   年代別の政党支持率(2)と同様の時期・形式のグラフということで、わかりやすいように番号を同じにしたため   ただし別に世代による内閣支持率の違い: 年代別 (1996~2019)の記事がある ・年代区分    18-19歳/20代/30代/40代/50代/60代/70代以上、の7つ      "18-19歳"の調査は2016年4月調査から実施されたため、それ以前のデータは無い        2016年は4月より前が無いため、他の党とは"平均値"の意味が異なる      2020年からは"70歳以上"が"70代"と"80歳以上"に分割されたが、その場合は"70代"を使用    80歳代は2020年前半の1つしかデータが無いため使用していないが、参考として傾向を述べておく      年内の4回の調査全てで、        支持率は50~70歳代より高い        不支持率は全世代で最も低い      2020年前半平均では、        支持率: 45% *全世代で最も高い        不支持率:35% *20代に次いで低い        不支持vs支持の対数値は20代に次いで低い(-0.12)=内閣支持の傾向    若年層は元々の調査サンプル数が少ないため、年平均をとってもなお統計誤差が大きい ・"平均値"は各回の数値の単純平均 ・2009~2012年の各年は2つに分割している    このためこの時期の横軸は通常の"時間軸"に比べて広がっている    2009年: 自民党政権時と民主党政権時    2010年: 鳩山内閣時と菅内閣時    2011年: 菅内閣時と野田内閣時    2012年: 民主党政権時と自民党政権時 ・年/政党によって各年の調査数が異なる    特に2012自民党政権は1調査のみとなっている ・今回は「年代別」となっている、以下に「生年別」を理解するための参考値を示す    各年の各年代が何年生まれなのか?     1995年 2000年 2010年 2020年    -----------------------------------------    20歳: 1975生 1980生 1990生 2000生    30歳: 1965生 1970生 1980生 1990生    40歳: 1955生 1960生 1970生 1980生    50歳: 1945生 1950生 1960生 1970生    60歳: 1935生 1940生 1950生 1960生    70歳: 1925生 1930生 1940生 1950生    -----------------------------------------    各生年の人物が各年に何歳になっているか?    -----------------------------------------    1940生: 55歳 60歳 70歳 80歳    1950生: 45歳 50歳 60歳 70歳    1960生: 35歳 40歳 50歳 60歳    1970生: 25歳 30歳 40歳 50歳    1980生: 15歳 20歳 30歳 40歳    1990生: 05歳 10歳 20歳 30歳    2000生: --- 00歳 10歳 20歳    -----------------------------------------
図1: 内閣支持率 内閣支持率 図2: 内閣不支持率 内閣不支持率 図3: 支持率vs不支持率 支持率vs不支持率 *不支持率と支持率の比に対して底が10の対数を取った値    値が正であれば不支持が多く、負であれば支持が多い    単純な比率と違って、正負の値で両者の支持率の比率が対称になる      例えば、不支持が支持の2倍の場合は「+0.3」に、3倍の場合は「+0.5」に、          支持が不支持の2倍の場合は「-0.3」に、3倍の場合は「-0.5」に、なる      単純な比率では「200%」と「50%」になり100%の上下で非対称になる *年代別の政党支持率(2)の自民党vs民主系政党のグラフと意味を合わせやすいように、数値が大きいほど不支持が多い(野党支持が多い)グラフにしている
どの時代がどの内閣なのか?いつ選挙が行われたのか?を理解しやすいように簡単な年表を示す -------------------------------------------------------------------------------- 1996/01/11: 閣    橋本内閣が発足 *自社さ政権 1996/01/19:  党   日本社会党が社会民主党へと改称 1996/09/29:  党   民主党(1996)が結成 1996/10/08:   選  総選挙 1996/11/07: 閣    第2次橋本内閣が発足 *自社さ政権、ただし社さは閣外協力 -------------------------------------------------------------------------------- 1997/09/11: 閣    内閣改造 1997/12/31:  党   新進党が解党 -------------------------------------------------------------------------------- 1998/04/27:  党   民主党(1998)が結成 1998/06/01: 閣    社民党とさきがけが連立政権を離脱 1998/07/12:   選  参院選 1998/07/30: 閣    小渕内閣が発足 *自民党単独政権 -------------------------------------------------------------------------------- 1999/01/14: 閣    内閣改造、自由党(1998)が連立政権に参加 1999/10/05: 閣    内閣改造、公明党(1998)が連立政権に参加 -------------------------------------------------------------------------------- 2000/04/01: 閣    自由党(1998)が連立政権を離脱 2000/04/02: 閣    小渕首相が脳梗塞で倒れる 2000/04/03:  党   自由党(1998)が分裂して保守党が結成 2000/04/05: 閣    森内閣が発足 *自公保政権 保守党が連立政権に参加 2000/06/25:   選  総選挙 2000/07/04: 閣    第2次森内閣が発足 *自公保政権 2000/12/05: 閣    内閣改造 -------------------------------------------------------------------------------- 2001/01/06: 閣    内閣改造、中央省庁改編に伴う 2001/04/26: 閣    小泉内閣が発足 *自公保政権 2001/07/29:   選  参院選 2001/09/11:    事 911テロが発生 2002/01/29: 閣    田中真紀子外相が更迭 2002/09/17:    事 小泉首相が訪朝、北朝鮮が日本人拉致を認めて謝罪 -------------------------------------------------------------------------------- 2002/09/30: 閣    内閣改造 2002/12/25:  党   保守党が保守新党へと発展、引き続き連立政権に参加 -------------------------------------------------------------------------------- 2003/09/22: 閣    内閣改造 2003/11/09:   選  総選挙 2003/11/19: 閣    第2次小泉内閣が発足 *自公政権 2003/11/21:  党   保守新党が解党 2004/05/22:    事 小泉首相が訪朝、拉致被害者が日本に帰国 -------------------------------------------------------------------------------- 2004/07/11:   選  参院選 2004/09/27: 閣    内閣改造 -------------------------------------------------------------------------------- 2005/08/08:    事 郵政民営化法案が参議院で否決 2005/08/17:  党   国民新党が結成 2005/09/11:   選  総選挙 2005/09/21: 閣    第3次小泉内閣が発足 *自公政権 2005/10/31: 閣    内閣改造 -------------------------------------------------------------------------------- 2006/09/26: 閣    安倍内閣が発足 *自公政権 -------------------------------------------------------------------------------- 2007/07/29:   選  参院選 2007/08/27: 閣    内閣改造 2007/09/26: 閣    福田内閣が発足 *自公政権 -------------------------------------------------------------------------------- 2008/08/02: 閣    内閣改造 2008/09/15:    事 リーマン・ブラザーズが経営破綻 2008/09/24: 閣    麻生内閣が発足 *自公政権 -------------------------------------------------------------------------------- 2009/08/30:   選  総選挙 2009/09/16: 閣    鳩山内閣が発足 -------------------------------------------------------------------------------- 2010/05/30: 閣    社民党が連立政権を離脱 2010/06/08: 閣    菅内閣が発足 2010/07/11:   選  参院選 2010/09/17: 閣    内閣改造 -------------------------------------------------------------------------------- 2011/01/14: 閣    内閣改造 2011/03/11:    事 東日本大震災が発生 2011/09/02: 閣    野田内閣が発足 -------------------------------------------------------------------------------- 2012/01/13: 閣    内閣改造 2012/06/04: 閣    内閣改造 2012/10/01: 閣    内閣改造 2012/09/28:  党   日本維新の党(2012)が結成 2012/12/16:   選  総選挙 2012/12/26: 閣    第2次安倍内閣が発足 *自公政権 -------------------------------------------------------------------------------- 2013/07/21:   選  参院選 -------------------------------------------------------------------------------- 2014/08/01:  党   日本維新の党(2012)が分党され、日本維新の党(2014)が結成 2014/09/03: 閣    内閣改造 2014/09/21:  党   維新の党が結成 2014/12/14:   選  総選挙 2014/12/24: 閣    第3次安倍内閣が発足 *自公政権 -------------------------------------------------------------------------------- 2015/10/07: 閣    内閣改造 2015/11/02:  党   おおさか維新の会が結成 -------------------------------------------------------------------------------- 2016/03/27:  党   民進党が結成 2016/07/10:   選  参院選 2016/08/03: 閣    内閣改造 2016/08/23:  党   おおさか維新の会が日本維新の会(2016)へと改称 -------------------------------------------------------------------------------- 2017/08/03: 閣    内閣改造 2017/09/25:  党   希望の党(2017)が結成 2017/10/03:  党   立憲民主党(2017)が結成 2017/10/22:   選  総選挙 2017/11/01: 閣    第4次安倍内閣が発足 *自公政権 -------------------------------------------------------------------------------- 2018/05/07:  党   国民民主党(2018)が結成 2018/10/02: 閣    内閣改造 -------------------------------------------------------------------------------- 2019/07/21:   選  参院選 2019/09/11: 閣    内閣改造 -------------------------------------------------------------------------------- 2020/09/16: 閣    菅内閣が発足 *自公政権 --------------------------------------------------------------------------------
*管理人の戯言 今回は年平均の数値を使用しているが、以前の記事にあるように毎月の数値を使用すると若年層では支持率が激しく変動する。この変動がどの程度統計誤差に左右されているのかを知る参考として、世論調査のサンプル数についてコメントしておく。 最近の毎日新聞の世論調査は1000人程度で行われ、世代毎の割合は、2020年11月調査では、10代は約1%、20代は約6%、70代以上は約21%、半年前の2020年5月調査では、10代は約1%、20代は約6%、70代以上は約25%、となっており、大きな違いは無い。 過去の調査の年齢別調査人数のデータはほとんど入手できていないが、現在は調査の半数が携帯電話であることから、2017年9月に携帯電話調査が加えられる前は若年層の割合がもっと少なかったと推測され、実際、他社の他の時期の世論調査では20代が3%程度のものも存在する。 これから推測するに、20代の調査人数は各回50人前後となり大きな統計誤差が見込まれる一方で、年間では500人前後となるのである程度信頼できる値が見込まれることになる。 しかし10代は月に10人前後のサンプルしかないことになり、年単位でも100人前後なので、特に低支持率の政党に対しては大きな統計誤差が見込まれる。 以上、個人的な解釈としてコメントしておく。